FC2ブログ
>

200V制御回路の説明

今回はシャッター制御部の説明をさせて頂きたいと思います

先日ある依頼を受け制御回路全体の説明をする工事を行いました

お客様がブレーカーと電磁開閉器を購入され結線をした所、上手く動作しないと言うご依頼でした

シャッターを上げ下げ出来る様にするのに最低必要部品は

モーター(開閉機)、押しボタンスイッチ、ブレーカー、電磁開閉機2個(正逆回転用)です

続いて上限、下限停止を行う場合はリミットスイッチが必要です

緊急停止用にモーター発熱時のサーマルスイッチ

シャッターオーバーラン用にエマージェンシスイッチが必要になります

仮動作させるにはモーター線に200V一次電源を直接つなげば動作します
正逆回転を変えるには3本線の内2本だけ入替えます
モーターにブレーキ線がある場合RSTの内2本につなぎます
例 R+U+B、S+V、T+W+B

注意 ブレーキの種類によっては整流器が必要な物も有りますので確認して下さい

「回路図を参照してみて下さい」

シャッター制御盤回路図

シャッター制御回路には色々な方法が有ります、全てがこの回路では有りません。

一番良く使われている一般的な回路ですので、参考にして下さい。

ご質問等あればお気軽にお問合せして下さい

挟まれ防止用 光電管センサー取替

今回の不具合症状はシャッターが上ったまま降りてこないと言うものでした

色々原因が考えられますが、このシャッターには挟まれ防止用で光電管センサーが付いていましたので
まず最初に疑いました、と言うのは以前同じ症状の修理経験が有ったからです(ピンポン正解です)

この回路はリミットスイッチの下限側に接点を割り込ませている物で、下降のみ光電管センサーでON⇔OFFさせてシャッターを停止させます。

この事から割り込ませてある電線を一旦外してリミット線だけにして降りるか確認しました
この状態で下降しましたので光電管センサー不良と判断しました。

部品を揃えて交換する事になりましたので、簡単に説明致します

シャッターの電源を切り光電管センサーを取り外します
光電管センサー(投光側)取替前① 光電管センサー(投光側)取替前② 光電管センサー(投光側)部品

こちらは投光側ですので電源のみのつなぎ込みです
赤色と青色の2本線に電源をつないで完了です
ACは24V~240V DCは12V~240Vまでのフリー電源です、今回はAC100Vでした

元に戻して完了です
光電管センサー(投光側)取付① 光電管センサー(投光側)取替完了

続いて受光側の取替です
赤、青の電源線と白、黒、灰の接点線が出ていますが今回は白と黒を使い下限リミット線に割り込ませます

回路図と出来上がり
光電管センサー回路図 光電管センサー(受光側)取替完了① 光電管センサー(受光側)取替完了② 光電管センサーリミット結線

カメラで光軸を遮っていますのでランプが付いていませんが、途中に何も無ければ緑のランプ(電源)と赤のランプ(感知)が点灯しています
途中に物が有り赤ランプが消灯するとシャッターは降りません、下降動作中は停止します

今回のシャッターは三和シャッター様製ですがセンサーは汎用品ですのでほとんどのシャッターに取付ける事が可能です

20年以上経ってるシャッターは障害物感知装置が付いていない物がほとんどですのでこの方法で安全面を強化する事も可能です








シャッターが傾き動かない

症状はシャッターが10センチ程傾いて動かなくなってしまった状態です

巻取りボックス内を確認すると、巻取りシャフトが脱落していました
ブラケット破損①

スラットがずれてブラケットに長年擦り続けて円盤状に切れ落ちていました
ブラケット破損② ブラケット破損③ ブラケット破損部品

今回の修理方法はブラケットの内側に鉄板を取付けて補修する事になりました

まずブラケットの大きさに合わせて鉄板を切断加工します
鉄板加工

鉄板を溶接で貼り付けてブラケットの補修は完了です
鉄板貼り付け

円盤から軸受を取外し鉄板に取付けます
軸受部品 軸受取付

この時左右の水平レベルを合わせて確実に取付けます
レベルが違うと低い方へスラットが流れてしまい今回と同じ故障が起きてしまいます

修理前のレベル誤差が2ミリで修理後を0ミリに合わせて取付けました、2ミリ程度なら許容範囲と言えますが念の為0ミリにしました。

溶接箇所に錆止め塗装をしてシャフトを載せビス止めです
錆止め補修 シャフト取付

最後に塗料をスプレーして完了です
ブラケット破損修理完了

これでブラケットの補修は完了です
続いてスラットがズレない様に対策をし、各部注油もしてケース板を取り付け全てが完了です。

作動確認をした所、擦れ音も無くなり静かでスムーズに上下する様になりました

道具を片付け掃除をしていたら気が付いたのですが、擦れた鉄粉が下に落ちていて土間が黒っぽくなっていました
異音や異常な汚れなどいつもと違うなと思ったら専門業者さんに見てもらった方が動かなくなる前に対策出来るかも知れません