fc2ブログ
>

大雨、浸水など水に注意!

今日シャッターの修理に向かう途中、大雨に会い道路に車のバンパーぐらいまで雨水が溜まっていました。
強引に車で走ると水が左右に波となって建物に押し寄せていきました。

台風が近ずいていますがシャッターの対策を紹介したいと思います。

雨が風に流されて横から下からシャッターに叩き付けられシャッターカーテンが雨でびしょ濡れになってしまいます。

上から降る雨には対策されていますが、下から水をかけると(ホースなど)カーテンの1枚1枚の隙間に水が入り込み溜まってしまいます、そのまま上げるとボックス内に巻き取った時カーテンが上下逆さになり水がこぼれ落ちます。

カーテンに雨が付いたままでも、巻き取った時こぼれ落ちます。

ボックス内にはモーター、制御盤など電装品がある為、最悪漏電してブレーカーが落ちたり、電装品が壊れたりします。

対策 : できれば雑巾などで一度拭いて乾かして下さい。

後もう一つは、浸水、洪水の時車が起こす津波ですが、シャッターを降ろした状態で津波が当たりガイドレールからカーテンが外れてしまう、もしくは曲がってしまったなど数多く見てきました。

挟まれ防止システム付のシャッターはカーテンの一番下にスイッチ及び赤外線送信機が付いていますので、水没するとその場で壊れてしまったり、その場は良くても水に浸かった状態でしばらく経つと内部が腐食して壊れてしまうという事が有りました。

対策 : 差し支えなければシャッターを上げた状態にして置くことでしょうか?
ただ上げっぱなしにした事でその中に有る物が壊れたり悪くなったりしては大変です、あくまでもシャッターを上げっぱなしにしても差し使い無い場合だけにして下さい。



台風等強い風でシャッターが外れてしまう

これから台風シーズンですが、風によってシャッターが外れてしまうことが有ります、これを少しでも減らせるように今までの経験談を紹介したいと思います。

まず外れやすいシャッターですが、鉄板の厚さが薄い、開口幅が広い、取外し式の中間レールが有る等です。

① 一番多いのは中間レール(中柱)が外れてしまいシャッターが外れることです。

対策 : 中柱を立てる土間にピンが刺さる穴が開いています、その穴が砂などで埋まってしまいピンがしっかり奥まで刺さらず外れやすくなっている事が有りますので、まずそこを確認してみて下さい、もし埋まってしまっていたらマイナスドライバーなどで土をかき出して奥まで刺さるようにして下さい、これでかなり良くなります。
又もう一工夫は中柱の下部分を何か重しになる様な物で(土のう袋、車のタイヤなど)で内側から押さえつけて置いて下さい、後は祈るだけです。
この方法を紹介させて頂いたお客様で今回は良かったと言うお声を頂いた事も有ります、その時の風の強さ方向などでかなり変わりますので絶対ではありません、外れにくくはなります。

② シャッターの幅が広い場合と厚みが薄い場合ですが、風によってシャッターがたわんでレールから外れてしまいます。

対策 : シャッターの中央部が風で中へ外へともの凄くたわみます、ひどい時で50センチから1メートルぐらいにもなります、左右のレールにシャッターが入っているのはせいぜい片側で3~8センチ程度です、勿論耐風仕様としてもっとたくさん入っている物や端部に抜け止めが付いている物も有ります。
シャッターのたわみ量が多ければレールから外れてしまう訳です。
この様な状態をなるべく少なくしてやる為にシャッターのセンター付近に何か物を置いてたわみを少なくしてやる事です、ですがこの置く物が肝心でかなり重い物でなければなりません、風の力は凄いものでかなりの物でも簡単に飛ばしてしまいます。
実話ですが倉庫でフォークリフトが有り間にパレットを挟んで押さえつけた例が有ります、ですが中外にシャッターがバタつきますので押さえつけた物とシャッターはかなりキズが付きますのでご注意下さい。
その他にシャッターの中心部の縦に取外し式角パイプを付けた所も有りました。

その他いい方法が有りましたら、又報告いたします。